YOSAKOIソーラン祭りとは

「YOSAKOIソーラン祭り」は今から26年前、北海道の大学生が高知の「よさこい祭り」に感化されたのがその起源です。

札幌でもこんな祭りをやりたい!という思いから、よさこい祭りの「鳴子」と北海道の民謡「ソーラン節」をミックスしたことで、このお祭りが誕生しました。

最初は10チームだった参加チームも、今や海外からも含め約280チーム、28000人の踊り子が参加しています。

観客動員数は、198万人を突破し、今では札幌の初夏の風物詩となりました。

YOSAKOIソーラン祭り 公式ホームページ ←今年の情報や、もっと詳しく知りたい方は公式ホームページへ!

 

学生実行委員会とは

YOSAKOIソーラン祭り学生実行委員会は祭りのメインステージとなる「大通公園西8丁目会場」、

飛び入り参加型の会場「ワオドリスクエア」および大通り公園を象徴する「パレード会場」の企画・運営をする団体です。

一から 企画を考え、台本を書いたりするなど、土台からこのお祭りを創り上げています。

当日は裏方に徹して会場を駆け回り、たくさんの踊り子、お客さんをおもてなしします。

また、私たちの活動は6月だけでは終わりません!

全道・全国のお祭りに出向き、運営のお手伝いをしたり、踊り子さんやお祭り伝いをしたり、

踊り子さんやお祭りのスタッフの方々と交流したりしています。

学生実行委員会の活動は無限大!

人々に「元気」と「感動」を与えたい。そんな人を待っています。

団体概要

【名  称】 YOSAKOIソーラン祭り学生実行委員会

【所在地】 〒064-0808 北海道札幌市中央区南8条西2丁目 市民活動プラザ星園 3F

【メンバー】 約30人

(主な大学 / 北海道大学・北海学園大学・北星学園大学・札幌市立大学・北海道武蔵女子短期大学)

【設  立】 1991年

【代  表】 後藤 滉希

【活動内容】 YOSAKOIソーラン祭りの企画・運営/道内外の祭りの運営/協賛活動

普及振興活動/地域イベントでのボランティア活動

活動紹介

本祭班活動

総務班

西8丁目班

パレード班

審査班

ワオドリ班

普及振興活動

そらなま!

小学生企画

高校生合同チーム”祭采”